ピアノとギターの美しい旋律と繊細なテクスチャーが織り上げた音のタペストリーで描き出す、洗練を極めたエレガントな”ダンス”


Marihiko Hara & Polar M 

「Dance」


質感/静謐を軸に室内楽作品から舞台音楽まで手掛ける音楽家 原 摩利彦と、ギターサウンドを中心tとしたサウンドスケープでソロ活動の他、ダンスや映像作品などの音楽を数多く手掛けるPolar M。

各方面から称賛を浴びモアレコでも即完売した初の共作『Beyond』から3年、あるダンス・パフォーマンスのために新しい曲を制作する依頼を受けて行なった共同制作がこの新作『Dance』の生まれるきっかけに。

前作に引き続き、ポスト・クラシカル、フォークトロニカ、アンビエント、そしてわずかなジャズのエッセンスを本作でも感じることができるが、前作よりもギターがピアノと同格の存在感を放ち、それゆえに、音のテクスチャーやメロディーの動きにより豊かな多様性が生まれ、非の打ち所がないほど洗練を極めた美しい音のタペストリーが織り成されている。

また、前作でもフィーチャーされたフィリピンのコンテンポラリー・ダンサー、ミア・カバルフィンが本作でも印象深く美しいスポークンワードでアルバムのタイトルトラックに参加。マスタリングはミュージシャンでサウンドデザイナーでもある畠山地平。アートワークの写真はアーティスト/プログラマーとして世界で活躍する古舘健。デザインはnight cruisingのSeitaro Nishiokaが担当。

国内流通盤特典はレーベルメイトFlicaとPoplamb(a.k.a. Pawn / Hideki Umezawa)によるリミックスDLクーポン付!


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

night cruising 10th anniversary feat.mü-nest night

「Kuala Lumpur – Kyoto – Tokyo」

9/9(金) 京都芸術センター / 9/11(日) 東京 VACANT

出演:Euseng Seto (flica) + Kent Lee、Marihiko Hara & Polar M、okamotonoriaki、Poplamb / Hideki Umezawa

マレーシアを拠点に世界中の優秀なアーティストを数多く発掘、日本人のアーティストの作品も数多く発表してきた電子音楽レーベル「mü-nest(ミューネスト)」。

京都、東京(2013)、マレーシア・クアラルンプール(2015)で開催されたレーベルショーケース「mü-nest night」が、ここ日本の地で再び開催!

詳細⇒night cruising


more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000