あの名門レーベル"WARP"がサインした話題の新世代歌姫【Kelela】。待望の1stアルバムはR&Bの次の時代を魅せてくれる!

ビョーク、ソランジュ、The xx、ゴリラズ、FKAツイッグスまでをも魅了!

R&Bアイコン=【KELELA】の待望の1stアルバムが遂にリリース決定!


あの名門"WARP RECORDS"がサインしたR&Bシンガー。

2013年に発表されたミックステープ作品『Cut 4 Me』が話題を呼び、“ポスト・アリーヤ”として一気に注目を浴びました。

賞賛を浴びたEP『Hallucinogen』(2015年)をリリース以降は、ソランジュ『A Seat At The Table』やダニー・ブラウン『Atrocity Exhibition』、そしてゴリラズ『Humanz』など話題作へ次々と客演。

The xxとのワールドツアーやビョークが自身のSNSで絶賛するなど、注目度は一気に上昇!


アリーヤ、ブロンディ、TLC、ジャネット・ジャクソンなどを彷彿とさせる、まるで90年代のR&Bの歌姫たちのようなメロディ・ラインと盟友アルカに代表される今のビートが融合。

これからのR&Bを予感させるようなサウンドは懐かしくも新しいタッチ。

音を聴けば、WARPが契約するのもなるほど納得!

共同制作としてモッキー、ロミー・マドリー・クロフト(The xx)、アルカ、ジャム・シティら参加してます!


新曲「LMK」のMVはビョークの長年のコラボレーターとしても知られるAndrew Thomas Huangが担当。




こちらはArcaがプロデュースした楽曲「A Message」




Kingdom、Girl Unit、Obey Cityら新鋭プロデューサーがプロデュースの「Rewind」



興味深いのが、彼女のインタビューで影響を受けたシンガーで度々名前が挙がるのが"ユキミ・ナガノ"ということ。


ユキミ・ナガノはKoopのゲスト・ヴォーカルでその存在感を示し、自身のバンドLittle Dragonでも活躍する日系スウェーデン人。

特にユキミ・ナガノがヴォーカルを務めるLittle Dragonは、彼女のシンガーになる大きなきっかけとなったそう。

R&Bを基盤にしながらも、ジャンルを問わず自由自在に音を吸収する感覚はその影響の一つなのかもと感じますね。




KELELA 『Take Me Apart』
2017.10.6 世界同時発売予定!

[Track List]

1. Frontline

2. Waitin

3. Take Me Apart

4. Enough

5. Jupite

6. Better

7. LMK 

8. Truth Or Dare

9. S.O.S.

10. Blue Light

11. Onanon

12. Turn To Dust

13. Bluff

14. Altadena

15. A Message (Bonus Track for Japan)

16. Rewind (Bonus Track for Japan) 





more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000