ジャズ、ポストロック、エレクトロといったジャンルを軽々横断するアーティストが続出するイスラエル。ピアニスト【Yaron Herman】の名門"ブルーノート"から発表された傑作!


イスラエル出身、1981年生まれのピアニスト、【Yaron Herman(ヤロン・ヘルマン)】の通算7作目、名門"ブルーノート"からは2作目となる今作。




Yaron Herman 『Y』

バスティン・バーガーをベースにジヴ・ラヴィッツをドラムに迎えた新しいトリオでの初作品。

16歳の頃からピアノを始め、哲学、数学、物理学を基にしたメソッドでよく知られるオフェール・ブライエの下で修業。現在はフランスで活動中。

ピアノ、ベース、ドラムを軸に、エレクトロニクスやプログラミングも取り入れて制作され、3人のヴォーカリストが参加。

フランス人のシンガーソングライター、-M-(マチュー・シェディッド)、フランスのソングライター、ドリーム・コアラ、UKのブルース・ロック・バンド、ホークスからジャズ歌手に転向したヒュー・コルトマン。


ジャズ、ポストロック、エレクトロといったジャンルに、彼が影響を受けたアーティスト、Sufjan Stevens、Steve Reich、Keith Jarrettの要素を混ぜ込んだようなサウンド。



こちらは、Radioheadの名曲「No surprises」のカバー映像!



Yaron Herman『Y』

詳細⇒ 





最近、この手のハイブリッドなジャズ・サウンドがイスラエルから誕生しています。

イスラエル出身のアーティストがNYやフランスなど他国に移り生み出す新進気鋭なジャズサウンドは5年前位から目立つようになってきました。


こちらのイスラエル出身、現在はニューヨークで活動するピアニスト【Nitai Hershkovits】もその一人。

艶やかでシネマティック、ジャズ×ビート・ミュージックが素晴らしい傑作です。



Nitai Hershkovits 「I Asked You A Question」

⇒ http://morerecords.jp/?pid=117890198

0コメント

  • 1000 / 1000