『夏に聴きたいこの6枚。』


連日、暑い日が続きますね。


暑い日にこそ聴きたい音楽を選んでみました。


暑い国で生まれる南米の音楽や、涼しげな"涼"を感じる音楽などを6作品。




少しでも暑さがまぎれますように~。







Jess Sah Bi & Peter One 

『Our Garden Needs Its Flowers』


アフロ系タイトルのリイシューレーベル<AWESOME TAPES FROM AFRICA>からリリースのレアグルーブ~フォーク・ロック名盤。

伝統的なアイボリアの村の楽曲と米国と英国のフォークソングのサウンドが涼しげです。







Carlton and The Shoes 『Heart Throbs』


ジャマイカ・ロック・ステディー界の至宝、カールトン・アンド・ザ・シューズ。

名盤『THIS HEART OF MINE』は有名ですが、こちらも良いです!

ロック・ステディ~レゲエ~ダブ~ジャズと夏気分満載。






Khruangbin 『Con Todo El Mundo』


こちらも続いて暑いテキサスから。

テキサスのトリオバンド、Khruangbinの傑作盤。

その乾いた響きは夏の夜に聴きたいファンクサウンド!







sora 『re.sort』


一転変わって涼を。

00年代初期日本エレクトロニカ・シーンに生まれた大傑作のリマスター。

トロピカルな音や水の音など、夏に聴きたいエレクトロニカ推薦盤!







Simian Ghost 『Simian Ghost』


こちらはスウェーデンの4人組。

Phoenixのドラマーがプロデュースの今作。

涼しげでキャッチーなサウンドは夏もいけます!







Mikael Lind 『Intentions and Variations』


最後は涼しそうなアイスランドへ!

アイスランドが生む独特なサウンドは涼しい。

ちょっとダークなアンビエントでクールダウン。

0コメント

  • 1000 / 1000