<Fabric>のミックス・シリーズ最終章に【Burial】と【Kode9】が登場!

<Hyperdub>を主宰するコード9と、レーベルを代表するアーティスト、ブリアルがロンドンのクラブ兼レコードレーベルがリリースを続けた<Fabric>のミックス・シリーズ最終章に登場!


カール・クレイグ、ロバート・フッド、リカルド・ヴィラロボス、LTJブケム、サシャといったレジェンド系からフォー・テット、キャスパ&ラスコ、シャクルトン、サージョン、ディプロ、シミアン・モバイル・ディスコ、ニーナ・クラヴィッツなど最先端アーティストまでが多数参加してきた<Fabric>のミックス・シリーズ。 現行形態での最終作品となる本作『ファブリックライブ 100』は、UKダンス・ミュージック最重要レーベルである<Hyperdub>を主宰するコード9と、レーベルを代表するアーティストであるブリアルのコンビが担当。


気になる内容(曲目詳細)は発売日と同時に発表!

「ヨーロッパとアメリカのアーティストと同様に、アフリカ、中国、南米、日本のアーティストをフィーチャーし、コム(Gqom)やジューク/フットワークから、トランスやジャングル、グライムまで、カテゴライズに反抗する多様な楽曲たちによって構成されている」とのこと。

カテゴライズ不能な楽曲まで、バラエティに富んだ全37曲/74分の収録が予定です。


日本からは誰が選ばれているのか気になるところ。



『Fabriclive 100』by Kode9 & Burial

9/28 リリース予定



ロンドンのプロデューサー、Burialのダブステップの名盤と言われる2nd『Untrue』。

ゲームソフト「メタルギアソリッド」からのサンプリングなどで話題となりましたが、実はR&Bのアカペラをピッチベンド、ストレッチして作られているという解説映像が面白いので貼っておきます!


Burial's Untrue: The making of a masterpiece



この手の音は古臭くなりがちなのですがこの名盤は今聴いてもゾクゾクしてしまうのは、やはりその音の質感にあるようです。




BURIAL 『Untrue』

more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000