”ひとり Sigur Ros”とも言われるアイスランド在住スウェーデン人アーティスト【Mikael Lind】弦楽器とダークな電子音が滑らかに融合したニューアルバム!


Electronical、Kimi Records、Time Released Sound、Morr Music 等からリリースを重ねるレイキャビック在住のスウェーデン人作曲家 Mikael Lind のニューアルバムが、カナダ・トロントのアンビエント系レーベル Polar Seas Recordings よりリリース! 


本作の録音はミカエル自らが行い、ミックスは Alex Somers(Jónsi & Alex/Sigur Rós) と、Bedroom Community の作品や Oneohtrix Point Never の作品にも参加した Paul Evans。マスタリングは、Anohni、Tim Hecker、Ben Frost の作品にも参加し、Bedroom Community からソロデビューも果たした Paul Corley 。アルバムのアートワークは Alex Somers が手掛けています。



バイオリン、ビオラ、チェロなどの弦楽器と、ミカエルらしいダークな夜空に瞬く星々のような電子音が、光と闇を交差しながら滑らかに溶け合います。実験的でありながら、アイスランドの大地のような壮大で美しいサウンドスケープを想起させ、アンビエント〜エクスペリメンタル~ポスト・クラシカル・ファン、さらには「眠る時に」などシチュエーションや気分で聴きたい方にもおすすめです。



Mikael Lind

『Strings and Clusters』



モアレコでは過去2作品の直筆サイン入りお取り扱い中!

現在アイスランド在住の ICELANDia 小倉さんがミカエルに直接お願いしてサインしてもらいました。たくさん送っていただきましたが、残りわずかとなってますのでお早めに!



特にこちら☟の2ndは世界中探してもなかなか手に入らないようなのでなおさらお早めにどうぞ!

0コメント

  • 1000 / 1000