Arthur RussellやSam Amidonを彷彿とさせる米カリフォルニアのSSW【David Allred】ソロアルバム!Penguin Cafeのメンバーも参加!


Peter Broderick とのコラボ作も素晴らしかった米カリフォルニアのシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト David Allred がポスト・クラシカル・シーンを代表する Erased Tapes からソロデビュー!



David Allred

『The Transition』


これまで、Birger Olsen、Brigid Mae Power、Brumes、The Beacon Sound Choir、Chantal Acda、Heather Woods Broderick、Jung Body、Masayoshi Fujita などのサウンド・エンジニア/セッション・ミュージシャンとしても活躍し、シンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストとして自主やドイツのレーベル oscarson から作品をリリース。既に交流の深かった Peter Broderick との Allred & Broderick 名義でのコラボ作「Find The Way」発表を機にピーターも所属する Erased Tapes に所属した模様。(レーベル10周年記念BOX 「 1+1=X 」 にももちろん参加。)


寝室にあるダブルベースと教会のピアノ、そして Peter Broderick による美しく時にエモーショナルなストリングス。極最小限の楽器と、深く心に沈み込んでくるようなヴォイス、讃美歌のごとく神秘的なハーモニーで綴るストーリーテリング。「Find The Way」の延長線上にあるようなエクスペリメンタルさもありながら、その印象的な歌声と温かな旋律に没入して何もできなくなってしまいます。。。この曲とかもうちょっと泣きそうなレベルです☟




今作の8曲目に収録の「For The Penguins」(まだ未公開みたいです。。)は、David Allred がその名の通り Penguin Cafe の為に書いた楽曲を Peter Broderick がアレンジし、Penguin Cafe のメンバーによって演奏された楽曲!アルバム全体としては比較的ダークな質感の作品の中に、Penguin Cafe らしいモダンで洗練された心躍る名曲が良いインパクトになってます!


ご注文はこちらからどうぞ☟


◆こちらもチェック!◆


Allred & Broderick 「Find The Ways」

ヴァイオリンとアップライト・ベースと声だけでつむぐ希望の音楽

ピーター・ブロデリックが長年温めてきたエクスペリメンタル・チェンバー・フォーク。

Nils Frahm、Ólafur Arnalds、Dustin O’Halloranら豪華な Erased Tapes 所属アーティストがこぞって出演するこのMVも話題になりました!



 「1+1=X 」 V.A. (2枚組CD+72ページブックレット)

Erased Tapesレーベル発足10周年を記念して、Nils Frahm、Kiasmos、A Winged Victory For The Sullenなどの未発表曲を収録した3枚組のRecord Store Day限定LPセット(即完売)がCDでもリリース!CDバージョンも即完売しましたが、奇跡的に再入荷しました。これにて終了です!美しき装丁!


0コメント

  • 1000 / 1000