more recordsのオリジナル・レーベル第4弾アーティスト【Tom Rosenthal】

聴けばひと度、魔法にかかる
音楽の楽しさを改めて感じさせてくれる
音楽って本来そういうもの



Evergreen『Towards』、Marble Sounds『A Collection』、KNIGHTSTOWN『KNIGHTSTOWN』に続くmore recordsオリジナルレーベル第4弾リリースは、 ロンドンのシンガーソングライター


【Tom Rosenthal】

ロンドンのシンガーソングライター Tom Rosenthal は1986年生まれ。

これまで4枚のアルバムとEP、B-SIDE集を自主リリース。

世界中の様々な長編・短編映画 やCMの楽曲も手掛けています。


トムの親密で温かなヴォーカル、ピアノやアコースティック・ギターをメインに奏でられるポップな楽曲からしっとりとしたバラード、繊細で美しい楽曲、そして家族(トムは2児の父で、子供たちに捧げた曲もあります)や友人のこと、日常を切り取った私的な歌詞からコミカルな歌詞まで、約3分ほどに収められた多彩で変幻自在な楽曲たちは、"short, expertly crafted pop songs"(短くて巧みに作り込まれるポップソング)とも呼ばれています。



YOLO!

日常からうまれる、短く巧妙なソングブック。



そんな Tom Rosenthal の入手困難だった作品から more records が厳選した楽曲を、オリジナル・ジャケットでCD化!!

アルバム・アートワークは、音楽家/デザイナーの スッパマイクロパンチョップ 氏によるオリジナル・デザイン。トムの音楽をイメージして素敵な作品に仕上げてくれました!




温かくやさしいヴォーカル、短く巧みに紡がれるポップソング集。

ハッピーもシリアスもファニーも詰め込んだ、日記のような人生の記録。

聴く人の日常とこころに長く寄り添う作品でありますように。



先着特典は、こちらの3種類の缶バッヂからランダムで1つ!

無くなり次第終了になります。


Tom Rosenthal 『Tom Rosenthal』




楽曲の良さと愛すべき人柄が伝わってくるMVは必見です!


トムはアルバム収録曲のほとんどの楽曲のMVも制作。

トム本人がコミカルに出演するものから 可愛らしいアニメーションまで、様々なクリエイターと作り上げるMVたちは、再生回数が100万回、中には1000万回を超える楽曲も。しっかりと作られているのに、制作スピードがとにかく早いのもYouTubeチャンネル登録者数18万人を超えている理由なのかもしれません。


シンガーソングライターという肩書き以外は何でもありな懐と才能の持ち主なのです。


Tom Rosenthal - Watermelon (Official Music Video)




Tom Rosenthal - To You Alone (Official Music Video)




Tom Rosenthal - YOLO (Official Music Video)




Tom Rosenthal - It Won't Be Me [Official Video]




Whitney の楽曲「Polly」も手掛けた日本のアニメーション作家 Sarina Nihei(ニヘイサリナ)氏によるMVも楽曲の雰囲気にピッタリ。


Tom Rosenthal - Fenn (Official Music Video)




実はトム、日本のCMにも楽曲が起用されてました!

パリの二人組、ミカエル・アムザラグとマティアス・オグスティニアックからなる M/M(Paris)が手掛けた2014年のPARCOのシーズン広告キャンペーンCMの記念すべき第1弾に Tom Rosenthal の楽曲が使用されていました。


M/M(Paris)はビョークのアートワーク作品でも有名です。



ファッション・ブランドの<A.P.C.>ともコラボ。



世界中の映画やドラマのみならず、アートやファッション・シーンでも活躍する幅の広さ。

国境もジャンルも超えて溶け込むトムの音楽。心からおすすめです!!!





<more records LABEL>

0コメント

  • 1000 / 1000