細野晴臣氏やブライアン・イーノも絶賛したNYの人気エレクトロニカ・ユニット The Books の【Nick Zammuto】の新作は有機的で浮遊感溢れる映画サントラ作品!


細野晴臣氏やブライアン・イーノも絶賛、プレフューズ73やホセ・ゴンザレスらともコラボ作を発表し、エレクトロニカ・シーンを代表する存在となったNYのエレクトロニカ~フォークトロニカ・ユニット The Books(現在活動休止中)のニック・ザムートによる新作は、2018年公開、ジェレミア・ザガー監督映画「We the Animals」のサウンドトラック!



約1分ほどの楽曲で構成された本作は、ノイズやビートがエモーショナルに絡むエレクトロニック・サウンドと、劇中にも広がる大自然を彷彿とさせる自然音やキャストのセリフを導入した持前のコラージュ・センスも光る有機的で浮遊感溢れる音へ仕上がっています。モアレコラボ・メンバーの The Books ファンも喜びの1枚!

輸入CDが3月下旬入荷予定です!


「We The Animals(邦題「動物のように、僕らは」)の原題は、アカデミー賞受賞作品「ムーンライト」にも共鳴するテーマを扱ったアメリカの作家ジャスティン・トーレスによる同名デビュー作で、サンダンス映画祭にも出品され話題なったようです。日本では公開されてませんがすでにDVD化されてます。気になった方は映画もチェックしてみてください~。




2000年代初頭のエレクトロニカ・シーンの名曲を収録したコンピ作品「The Air in the Room」に The Books「Tokyo」が収録されていてモアレコでもロングセラー中。ズルすぎるラインナップ!


0コメント

  • 1000 / 1000