カナダの才人【Teen Daze】が到達した、デジタルとナチュラルの見事に融合した史上最高傑作!


デジタルとナチュラルの見事な調和!

カナダの才人【Teen Daze】が到達したエレクトロニック且つオーガニックな極上サウンド!


カナダはブリティッシュコロンビアを拠点に活動しているエレクトロニック・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Daze。

2017年の『Themes For Dying Earth』以来の通算6作目となる新作が完成!



この作品が素晴らしい!!



シンセが印象的なアンビエント「Near」で幕を開け、Bibioを彷彿とさせるアコースティック・ギターのフレーズに小気味良いビートとシンセが絡み合う「Spring」



先行ファースト・シングルとなったバレアリックでドリミーなミッドテンポの「Hidden Worlds」。こちらはBonoboを彷彿とさせる楽曲!



本名名義でみせるようなピアノのリヴァービーでリリカルなサウンドから徐々にビートが重なってくるさまが心地よい「Endless Light」


全編インストゥルメンタルで、シネマティック且つアトモスフェリックなサウンドがエレクロニック、アコースティックを交えて絶妙のバランスで構築。



TEEN DAZEは毎回ジャケットも良いんですよね~!

ジャケットが良くて、内容が良い作品は宝物になります。





TEEN DAZE 『Bioluminescence』

日本盤にはボーナス・トラック2曲が収録。


01. Near

02. Spring

03. Hidden Worlds

04. Ocean Floor

05. Longing

06. An Ocean On The Moon

07. Drifts

08. Endless Light

09. Terraform [Bonus Track]

10. Ice Age [Bonus Track]

0コメント

  • 1000 / 1000