生ドラムとジャズ・サックスを大きくフィーチャーしたヒップハウス・サウンドを披露する【Galcher Lustwerk】の新作が素晴らしい!


その卓越されたヒップハウス・サウンドで、ニューヨーク地下のダンス・ミュージック・シーンのど真ん中に君臨する【Galcher Lustwerk】が<Ghostly International>から新作をリリース。


クリーブランド出身、現在はニューヨークはブルックリンを拠点に活動しているプロデューサー/DJの Galcher Lustwerk。

Yaeji、Helm、CFCF、Ben UFO等も参加している実験ミックス・テープ・プロジェクトBlowing Up The Workshopから発表したミックス『100% Galcher』がResident Advisorのその年の年間ベスト・オンライン・ミックスに選出され、一躍ニューヨーク地下ダンス・ミュージック・シーンの中心へと躍り出る。



2015年には自身のレーベルLustwerk Musicを立ち上げ、『I Neva Seen』と『Parlay』のEPも発表した。2017年にはWhite Materialからファースト・アルバム『Dark Bliss』を、翌2018年には自身のLustwerk Musicからセカンド・アルバム『200% Galcher』リリースした。様々なアーティストからもリスペクトを受け、ビートダウン〜ヒップ・ハウスの雄としてシーンの中核に。



今作は老舗<Ghostly International>からの初となる作品。

スタイル的にはこれまでのサウンドの延長線上であるが、生ドラムとジャズ・サックスを大きくフィーチャーし、新たなダイナミズムを演出。



ライヴ感のあるビートの上でヒップホップ〜モダン・ファンク〜リズム&ブルース〜ディープ・ハウスなどを通過したサウンドと、気だるくも中毒性にみちたラップ/ヴォーカルが融合し、独特のディープなヒップハウスを構築。



とにかく、このサウンドで感じる空気感が好み。

個人的には、2019年のベストに入りそうな作品が登場です!



Galcher Lustwerk 『Infomation』
11/22 リリース予定

0コメント

  • 1000 / 1000