スモーキーでフォーキーな透明感に引き込まれる【dry river string】の名盤。


季節によって聴きたくなる音ってありますよね?

まさにそれ!


dry river string「Quiet」

京都出身の元"up and coming"のフロントマンである干川弦を中心に結成された男女混成のスリーピース。

スモーキーでフォーキーな雰囲気に暖かさも感じる。

この季節に聴きたくなる一枚!

サウンド・アプローチもポストロック通過後の滑らかな質感漂うアコースティック・エッセンスに重きを置き、フォーク、ジャズ、ボサノヴァ辺りの空気感。

ギターのアルペジオと少しスモーキーで落ち着きあるヴォーカルが季節と混じり合うような透明感を感じますね。

dry river string_silent truth


美濃隆章(toe)をエンジニアに、柏倉隆史(toe、HIATUS)他ゲスト・ミュージシャンを迎えた今作は納得の名作です。

【dry river string】のアルバム「Quiet」の詳細は こちら


dry river string_buried e.p.


「buried ep」は こちら


more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000