BIBIOも惚れ込んだ日本人アーティスト オオモリアツヒトによるソロ・プロジェクト【EX CONFUSION】待望の新作!

「メランコリーに心を奪われて、忘れられないようになると思うんだ。」

- BIBIO


EX CONFUSION

『Last』



オオモリアツヒトによるソロ・プロジェクト【EX CONFUSION】

Foxes In Fictionが運営するレーベル "Orchid Tapesからリリースした「Flow」に続く新作アルバム!

Bibioが「よく聴くCD」と愛聴し絶賛!TAICOCLUBにDJ Setで出演時、一番最初にかけたのが特に好きだという本作収録曲「Last」の初期バージョン。2015年には "Bibio + Ex Confusion" 名義にて共作曲「Swift」を発表し、国内外で注目を集めました。

主にギター、ピアノ、古いテープレコーダーを用いて楽曲を制作。初期 Bibioにもリンクするメランコリックなアルペジオとアシッド・フォーク的アコースティックギター サウンド、幻想的なアンビエント/ドローン、アトモスフェリックな音像が映し出す壮大な景色の中に、いつしか取り込まれるような心地よい感覚。

本作のマスタリングは Foxes in Fictionが担当。ジャケットはMint Julepとしても活動するKeith Kenniff(Helios/Goldmund/SONO)の奥さまHollie Kenniffが撮影した写真を使用。 

詳細⇒ EX CONFUSION『Last』


<Bibioからのコメント>

僕がEx Confusionを初めて聴いたのは2013年だった。アツヒトが2枚のCDを送ってくれたんだ。『Embrace』はすぐに僕がよく聴くCDになった。真っ暗の中ベッドに横になりながら何にも邪魔されない時にね。また、Ex Confusionは雨や霧の中で一人で歩くときに合う音楽だって事にも気づいたんだ。実際彼の音楽は、美しく神秘的な景色の中で自分が一人だった時のことを思い出させるんだ。アツヒトは複雑で微細な感情を捉える才能があると思う。僕はそれには結構中毒性があると思う。説明するのは難しいんだけれども、一種のメランコリーに心を奪われて、忘れられないようになると思うんだ。これらの感情は彼の作品にずっとあったもので、彼の深く滑らかなドローンには独特で特別な彼の個性を感じている。神秘的で隠れているものの、常に存在していて、まるで遠くに映る、他に類を見ないシルエットのようだ。そして僕はEx Confusionの音楽はとても「視覚的」だとも思うんだ。想像の中で僕は毎回同じ見知らぬ景色に自分がいることに気づくんだ。 2014年にアツヒトは「Last」という曲の初期バージョンを送ってくれた。僕はその曲が本当に好きで、日本のタイコクラブというフェスでDJをやったときに最初の曲としてかけた。 長野の山奥から眺める夕暮れにとても合うんじゃないかと感じたんだ。 - Bibio (Warp Records)


more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000