マーキュリー・プライズにもノミネートされた名門英国王立スコットランド音楽院卒のSSW【C Duncan】クラシカルな背景とアート感漂うドリーミーなポップ・ミュージック

C Duncan


1989年、スコットランド・グラスゴー出身のCダンカンことクリストファー・ダンカン。

両親ともクラシック・ミュージシャンである彼は、幼いころから音楽に囲まれ、ピアノとヴァイオリンを学ぶ。10代の頃にはバンドを結成しギター、ベース、ドラムも演奏していたが、変わらずクラシック音楽に魅せられ、名門英国王立スコットランド音楽院にて作曲を学ぶ。それでも結果ポップ・ミュージックに戻り、2014年、シガー・ロスやムームを発掘した名門「Fat Cat records」にサインしデビュー!


1stシングル「For」がガーディアン、NME、BBC RADIO 6 MUSICなどで取り上げられ、1st アルバム「Architect」(2015年)は、イギリス最大の音楽賞「マーキュリー賞」に、Jamie XX「In Colour」、Aphex Twin「Syro」らとともにノミネート!


発表当時Fat CatのsoundcloudのTLで流れてきたこの曲を聴いて以来私もすっかりトリコです。




影響を受けたミュージカルのアンサンブルのような美しいハーモニー、オーガニックなアコースティック楽器とエレクトリックな変奏。そのクラシカルな背景とCocteau TwinsやBroadcastなどを彷彿とさせる気だるいインディー感も漂う極上のポップ・ミュージック。最高です!

詳細☞ http://morerecords.jp/?pid=111294921


そして2016年、早くもリリースされた2ndアルバム「The Midnight Sun」

オーガニックなソングライティングはそのままに、サウンドはよりエレクトロニックな方向へ向かい、レイヤーにレイヤーを重ね構築されたシンフォニックな世界感が広がる、ジャンルを逸脱した作品!なんかすごいことになっている。。。



詳細☞ http://morerecords.jp/?pid=111294679



これまでの一貫したレコード・ジャケット・アートは、画家でもあるC Duncan本人によるもの。スコットランド中で展覧会を開いているそう。音楽、アートともに才能豊か!

more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000