アルゼンチン音響派の重要アーティストとして注目される【Juana Molina】の3年半振りとなるスタジオ・アルバム!

デヴィッド・バーンからファイストなど、著名アーティストとツアーを行い、伝説の歌姫ヴァシティ・バニヤンも絶賛され、今やアルゼンチン音響派の最重要アーティストとなった【フアナ・モリーナ】

1996年デビュー。3rdアルバム『Tres Cosas』でNew York Timesの『The Best Pop Album of 2004』に選出。同年には元Talking HeadsのDavid Byrneと全米ツアー行っている。

来日も多く、レイ・ハラカミ、勝井佑二(ROVO)、高橋幸宏、原田郁子(クラムボン)、相対性理論など日本のアーティストとの共演歴も。

彼女の3年ぶり、7枚目となるオリジナル・アルバムが登場!




Juana Molina 「Halo」

今作はフアナがブエノス・アイレス郊外に所有するホームスタジオおよびテキサスのソニック・ランチ・スタジオにてレコーディング。

参加ミュージシャンは、フアナのライヴでもお馴染みのオーディン・シュヴァルツとディエゴ・ロペス・デ・アルコート、過去作もミックスを手がけたエドワルド・ベルガージョ、さらにはディアフーフのギタリスト、ジョン ・ディートリックが数曲でフィーチャーされている。



Paraguaya (official music video)



アルバムのショートフィルムも公開!

Lentísimo halo (short film)


フアナらしいエクスペリメンタルな方向性と独特の歌声は健在、更なる高みを目指した12曲を収録。催眠作用のあるリズム、魔術、虫の知らせや夢といった隠喩を用いたミステリアスなリリック、感情やムードを体全体を使って表す様は、今まで以上に奥深い作品に。


Juana Molina 「Halo」
詳細⇒ http://morerecords.jp/?pid=117030697




★こちらもおすすめ!


LEONORE BOULANGER 

「FEIGEN FEIGEN」

フアナ・モリーナ、ジョアンナ・ニューサムにも共鳴するSSW【LÉONORE BOULANGER】フォーキーでストレンジな3rdアルバム!

more records

大宮にある音楽に出会えるセレクトCDショップの公式ブログ。 新旧問わず良質な「音楽」を紹介します。 みなさまに「素敵な音楽との出会い」を!

0コメント

  • 1000 / 1000