エレクトロニカ・ユニット【Telefon Tel Aviv】のエレクトロニカ〜IDMの金字塔として名高いデビュー作に続き、2ndアルバムも再発!

2016年にJoshuaのソロ・プロジェクトとして再始動し、ライヴ活動を行っているTelefon Tel Aviv。

幻の名盤だった1stアルバム『Fahrenheit Fair Enough』が再発してモアレコでも爆発的なヒット!

この度、入手困難だった2ndアルバム『Map Of What Is Effortless』も続いて再発が決定!!



先日、8年ぶりとなる新曲も発表。活発な動きで今後も要注目です!!



Telefon Tel Aviv 「Map Of What Is Effortless」

 2017.07.05リリース予定

ボーナス・トラック3曲収録


ニューオーリンズ出身で、高校時代からの友人であったJoshua EustisとCharles Cooper(惜しくも2009年に他界)によるエレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivが2004年にシカゴの名門レーベル、Hefty Recordsから発表したセカンド・アルバム。昨年蔵出しアーカイヴ音源を加え再発された、デビュー・アルバム『Fahrenheit Fair Enough』は今日においてもゼロ年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔的作品として高い評価を維持しているが、本セカンドも名作として名高い。

ポリリズミックなプログラミングを基軸にしつつ、本作ではヴォーカル・トラックも披露。Radioheadのカヴァーを企画された際に出会い、本作のリリース前のEP『Immediate Action #8』にもフィーチャーされていたLindsay Andersonと、Build An ArkのメンバーでもあったDamon Aaronをフィーチャーし、本編のうち7曲がヴォーカル・トラックで構成されている。さらにタイトル・トラックではロヨラ大学シカゴ校のチェンバー・オーケストラが参加している他、随所でストリングスが効果的にフィーチャーされ、ファーストのエレガント且つダイナミックなエレクトロニカの要素はそのままに、さらにフォローアップして新たな境地へと到達した。

センチメンタルなメロディのキーボードのフレーズとグリッチなエレクトロニクスやブレイクビーツが、ストリングスなどの室内学的音色に絶妙に絡み、時にシネマティックに、時にダンサブルにと、複雑に入り組みながら美しく壮大な情景を描き出す。Damonのソウルフルなテノール・ヴォーカル、Lindsayのアダルティで味わい深いヴォーカルとの融合も見事で、全体に通底するドラマティックな構築感に引き込まれる。

今回の再発にあたり、坂本龍一のリミックスが追加収録。

『Fahrenheit Fair Enough』と対をなすゼロ年代エレクトロニカ史に燦然と輝く名盤である本作を是非この機会に。CD再発は日本のみ。


TRACK LIST:

01. When It Happens, It Moves All By Itself

02. I Lied

03. My Week Beats Your Year

04. Bubble And Spike

05. Map Of What Is Effortless

06. Nothing Is Worth Losing That

07. What It Is Without The Hand That Wields It

08. What It Was Will Never Again

09. At The Edge Of The World You Will Still Float

10. Jouzu Desu Ne *

11. Sound In A Dark Room *

12. Sound In A Dark Room (Ryuichi Sakamoto Remix) *

*BONUS TRACK



坂本龍一が手がけた「Sound In A Dark Room」リミックスはこちら

0コメント

  • 1000 / 1000