プリンスやD’Angeloを彷彿させるスウィートでソフトな歌声とダビーなブレイクビーツがハマる!UKロンドンのプロデューサー【Reginald Omas Mamode IV】


PrinceとJ Dilla
ふたつのロストソウルが
サウスロンドンで交差する



UKロンドンのプロデューサー Reginald Omas Mamode IVの2作目となるアルバムが登場!

アフロ・テイストなジャズ/ソウルをエッセンスにしたブレイクビーツが最高!


Reginald Omas Mamode IVは、サウスロンドンのブロークンでダビーでディープな祝祭感に溢れたベースミュージックを展開するTenderlonious率いる謎多き”22a”クルーのひとり。

所属する22aクルーの仲間であるMo KoloursとJeen Bassaは実の兄弟であり、彼らの共有する親密なムードと特異なサウンドはRythm SectionやYAM Recordsなどのスタイリッシュでアグレッシヴな感覚と共鳴。


Danny Brownとのいかれた仕事で世界にその名と鋭いビートを轟かせ、英国のMadlibと称されるPaul Whiteともシーンを共有しており、そのつかみ所の無い足取りはいかにも英国らしい魅力に満ちています。



PrinceやD’Angeloを彷彿させるスウィートでソフトな歌声とダビーな低音が効いたブレイクビーツ風なビートがハマる!


Reginald Omas Mamode IV - Working (Acoustic)




ライブもかっこよい!

"Boiler Room London"のライブ映像がこちら!

Reginald Omas Mamode IV Boiler Room London Live Set




Reginald Omas Mamode IV 『Children of Nu』

0コメント

  • 1000 / 1000