【The fin.】がロンドンでレコーディングを行った3年3ヶ月振りとなるニューアルバム『There』のリリースが決定!

神戸出身の3人組ロックバンド【The fin.】が、前作『Days With Uncertainty』から3年3ヶ月振りとなる2ndフルアルバム『There』を3/14にリリースすることが決定!


バンド拠点をロンドンに移してから初めてとなるロンドンレコーディングされたアルバムとなり、London Dean Street Studio にてプロデューサーに Jamiroquai、Passenger、Alt-J のプロデュースや、Radiohead のミキサーで知られる Bradley Spence、そしてマスタリングには前作同様に、Beach Fossils、Wild Nothing、Washed Out、Warpaint などのマスタリングを手掛けている Joe Lambert を起用。

デジタル、ストリーミングで既に公開され、国内外のSpotifyやストリーミングサービスで話題となった「Afterglow」、「Pale Blue」、「Heat (It covers everything)」、「Outskirts」の4曲、そしてロンドンにて再アレンジ・ミックスされた「Through The Deep」など全13曲。


そして3月より新作アルバムを引っさげて6カ国19公演のアジアツアーがアナウンス。 

4月4日(水)より、福岡、大阪、名古屋、東京、札幌の全5都市でワンマンライブも決定!




The fin. 『There』

2018年3月14日リリース予定

【Track List】

1. Chains

2. Pale Blue

3. Outskirts

4. Shedding

5. Afterglow

6. Missing

7. Height

8. Heat (It Covers Everything)

9. Vacant Sea

10. Through The Deep

11. Snow (again)

12. Late at Night

13. Alone in the Evening (1994)


0コメント

  • 1000 / 1000