Erased Tapesの看板アーティスト【Rival Consoles】の、これまでで最もダイナミックなクラブ・サウンドに寄せたアヴァンギャルドでインダストリアルなエレクトロニック・ミュージック!


Nils FrahmやJon Hopkinsの流れをくむロンドンのエレクトロニック・プロデューサーRyan Lee Westによるソロ・プロジェクトRival Consoles。


彼の別名義Aparatecは、Nils Frahm(5月来日!)やKiasmos(「TAICOCLUB'18」にKiasmos DJ(Janus Rasmussen)として来日!)も所属するロンドンの名門Erased Tapesが最初に契約したアーティストであり、この新作も同レーベルからのリリースとなります。



Rival Consoles

『Persona』


今作は、イングマール・ベルイマンの映画「ペルソナ」(1966年)からインスピレーションを受けて制作。これまでで最もダイナミックなクラブ・サウンドに寄せたアヴァンギャルドでインダストリアルなエレクトロニック・ミュージックで、最小限のアプローチと即興性を備えた「Be Kind」は、レーベルメイトNils Frahmの新作『All Melody』から影響を受けており、ギタリストであり、ロックを好んで聴いていたWestらしく、「Hidden」は2017年に観たSlowdiveのライブから影響を受けているらしい!





Rival Consoles『Persona』

0コメント

  • 1000 / 1000