今年、2019年は"アジアのミュージックシーン"が外せない!要注目な作品を一挙にご紹介!


ここ4~5年でじわじわアジアのアーティストが目立つようになり、シティポップ、ヒップホップを中心に盛り上がりを見せ始めたアジアのミュージックシーン。


2019年に入り、いよいよその流れは加速しようとしています!

シンガーソングライター、ドリームポップ、シューゲイザー、ポストロック、ポストクラシカル、アンビエントと全ジャンルから才能あふれるアーティストが日本上陸。


そのレベルの高さに驚かされる、アジアのミュージックシーンは要チェックです!



今回は、モアレコでPUSHしている作品を一挙にご紹介します!






【Reality Club】


インドネシアでもっとも人気のあるYouTuberのひとりである紅一点ヴォーカリストが率いる5人組トロピカル・インディーバンド、Reality Clubが日本デビュー!





【Kin Leonn】

人気のシンガポールのエレクトロニカ〜ポストクラシカル最重要レーベル<KITCHEN.LABEL>が送り出すシンガポール人新世代アーティスト、Kin Leonn。





【deca joins】

台湾の4人組バンド、deca joinsの日本デビュー盤。ロックからジャズ〜フュージョンの要素までを取り込んだ楽曲で独自のセンスを魅せる!





【空中泥棒】

デビューアルバムがロングセラー中の韓国の宅録アーテイスト【公衆道徳】が名義を【空中泥棒】に変え、前作の延長線上とも言える2ndアルバムをリリース!





【Elephant Gym】

台湾の3ピース新世代ポストロックバンド、Elephant Gymの2ndアルバム。

YeYeやWONKが参加した国内独自盤でリリース!





【イ・ラン】

各方面で話題沸騰!韓国ソウルのアートな街、ホンデ(弘大)シーンを象徴するシンガーソングライター。最新作は柴田聡子とのコラボ作『ランナウェイ』。





【Mellow Fellow】

次々日本デビューするアジアの才能。フィリピンから登場した、若干22歳のMellow Fellowによるノスタルジックなベッドルーム・ポップ!脱力系ポップですがそのセンスが抜群!





【Hope The Flowers】

アジアでもっとも勢いのあるタイのミュージックシーンから大注目ポストロック・バンド【Hope The Flowers】が遂に日本デビュー!モアレコ限定特典あり!





【The Fur.】

新人ながらもイギリス~ヨーロッパツアーを成功させ、既にSXSW 2019への出演も決定している世界が注目する台湾のドリームポップ・バンド、The Fur.。





【Neon Bunny】

前作ではPhoenixライクなポップを聴かせてくれた、韓国・ソウルを拠点に活動するベッドルーム・ポップ・アーティスト、Neon Bunnyのドリーム・ポップ感が増した作品。





【Say Sue Me】

韓国・釡山から世界の注目を集める、切なくメロウなサーフ・ロックバンド【Say Sue Me】の日本デビュー盤!来日公演もかなり盛り上がりました。





【Aspidistrafly】

温かく煌めくアンビエント・フォーク!作品の装丁の美しさも人気の”KITCHEN. LABEL”主宰者でもあるシンガポールの男女デュオ。





【tide/edit】

モアレコでは、toe好きに響きまくっているポストロックバンド【tide/edit】の新作3rdアルバム!今作は入手困難となっていますので気になる方はお早めに!





【Cosmic Child】

シューゲイザー/ドリーム・ポップ系が燃え上がるアジア・シーンから登場したシンガポールの5人組注目バンド。





【Phum Viphurit】

タイのインディー・ポップ・アイコン!インディー・フォーク・ミュージックの注目アーティストが日本上陸!





【U.TA屋塔】

COCTEAU TWINSのような当時の4ADサウンドを受け継ぎ、サイケデリックに揺らめくドリーム・ポップ・バンド from 台湾。





【BLACK COFFEE】

90'sUSオルタナと90'sUKロックの良質な遺伝子を受け継いだ香港のオルタナティヴ・ロック・バンド、BLACK COFFEEがのデビュー・アルバム。





【Blood Wine Or Honey】

香港発!トライバルなアフロ・グルーヴ!Gilles Petersonにも絶賛された注目バンドのデビュー盤が登場!





アジアのアーティスト作品一覧は こちら から!




0コメント

  • 1000 / 1000